リビドーロゼの使い方を間違えると大損!効果的な使い方とプッシュ数をご紹介

リビドーロゼ効果的な使い方

フェロモン香水「リビドーロゼ」ですが、彼を誘惑するために効果的に使いたいと思われている方も多いのではないでしょうか。

そこでリビドーロゼを最も効果的に使う正しい方法と、場合に応じた適正なプッシュ数をご紹介します。

リビドーロゼは状況によって適した使い方が変わる

リビドーロゼは「ベッド専用香水」と言われているだけあって、彼とのベッドイン時に使う方も多いと思います。

しかし普段使いもできる優しい香りなので、「職場の片思いの男性にアピールするために使う」といったこともできるのがリビドーロゼの良いところ!

そのため「ベッドイン時」「普段使い」で分けて使うことで、魅惑のフェロモン香水としてより効果的に活用できますよ。

 

ベッドイン時の効果的な使い方

ベッドイン

ついに大好きな彼とのベッドイン!

そんなときこそリビドーロゼは大いに活躍してくれます。

シャワーを浴びた後、彼に気付かれないようにリビドーロゼをプッシュしましょう。

プッシュする場所は、

  • うなじ
  • 太ももの内側
  • 胸元

など、彼が思わず顔をうずめたくなるような場所にプッシュしておくとより効果的です。

温度が高いこれらの場所は、より香りが発散されて彼を誘惑してくれます。

リビドーロゼは公式サイトにも記載されていますが、舐めてしまっても体に害はありませんので、安心して使えますよ。

 

プッシュする量は、ベッドイン時であれば1プッシュで十分です。

彼氏の最も興奮する量を確かめながら、少しづつ増やしていっても良いでしょう。

ただしあまり香水が得意でない男性もいるので、つけ過ぎには注意しましょうね。

 

普段使い時の効果的な使い方

普段使い

リビドーロゼはベッドインの時だけでなく、普段使いにも重宝します。

会社の男性社員がちょっと優しくなったり、前より声をかけてくれるなんてことも!

あまり甘すぎず、香りもキツくないので周りの男性にも好評なんですよ。

普段使いの際にプッシュする場所は、

  • 首筋
  • 手首
  • ちょっと頑張りたいときには「うなじ」&胸元

です。

職場に意中の彼がいる場合には、話しかける前に「うなじ」か「胸元」に軽く1プッシュしておくと良いかも。

ちょっと近づいた時にリビドーロゼの甘い香りが、彼の鼻腔にスゥ~っと届いたらと思うとドキドキしませんか?

彼の鼻

熱の高いうなじや胸元は、より香りが発散されるので効果が高まります。

ただうなじや胸元は気合が入ったときだけにして、普段は手首や首に1プッシュで十分良い香りがしますよ。

 

私は職場で使う専用に、リビドーロゼをアトマイザーに移し替えて使っています。

アトマイザー

匂いが弱まってきたりここぞという時に、トイレで1プッシュするんです。

リビドーロゼをビンごと持ち運ぶのは結構大変なので、アトマイザーは普段使いにスゴク便利なので、ぜひ使ってみて下さいね。

 

まとめ

今回はリビドーロゼを「ベッドイン時」と「普段使い」に分けて、最も効果的な使い方をご紹介しました。

せっかく素敵な香りのする香水なので、「ベッド専用」とか「普段使い専用」とか考えずに、どちらでも使ってみると良いと思います。

便利なアトマイザーは100均でも売っています。

私も100均で買ったものを愛用していますが、十分活躍してくれていますよ。

 

あとリビドーロゼの香りの持続時間は1~2時間で作られています。

ベッドイン時に時間を置いてからもう一回なんて場合には、その前に軽く1プッシュしておいてもイイですね。

持続時間

普段使いでは1日香りが持続しないので、休憩時に1プッシュしておくのがおススメです♪

効果的な使い方を考えながら、ぜひリビドーロゼを上手く活用していって欲しいと思います。